おすすめはコレ!ペニス増大サプリ人気ランキングTOP5[suzukiyuki.net]

「ペニス増大サプリ」では、実際のところ効果はあるのでしょうか?

  • 「ちんこは大きくしたいけど、増大サプリの効果が気になる」
  • 「どうせ買うなら失敗はしたくない!」

ペニス増大サプリの効果自体が怪しいので、悩みは増える一方ですよね。

ですが、正しい商品を購入すれば、ペニス増大にぐっと近づけることもできるんです!

そこで今回は、増大サプリのおすすめランキングに加え、サプリの効果や選び方まで徹底解説していきます。

ペニス増大サプリの効果でペニスは大きくなるのか

ここ数年は、医学的見地から見ても裏付けの取れている成分も多く、また民間伝承で伝わってきた動植物の精力剤の中にも効果が期待できるものもあります。

最新のペニス増大サプリは、これらの成分を科学的検証に基づいて配合したものが多く、ペニスを大きくしたい世の男性から注目を浴びているのです。

すでに多くの購入者がいて、本音の口コミをネット上で多く見かけます。

リピートして長年購入し続ける男性が多いことからも、ペニス増大サプリの効果は期待していいでしょう。

ペニス増大サプリの選び方は?

現在、ペニス増大サプリは多くの商品が存在します。
はじめて購入しようとネットで検索をすると、きっと迷ってしまうはずです。
膨大な量のペニス増大サプリの中から、ほんとうに効果があるものを選ぶためには、大きく分けて3つのポイントをチェックしましょう。

①シトルリン+アルギニンの含有量で選ぶ

最新のED・ペニスの増大・強壮剤の研究では「シトルリン」と「アルギニン」が注目されています。
身体的・精神的な要因が複雑にからみ合う男性器の勃起力の問題に対し、臨床的な裏付けと共に最も効果が高いのではないか、と期待されているのです。
シトルリンとは、きゅうりやスイカなどのウリ科の植物に含まれる栄養素の一つで「スーパーアミノ酸」とも呼ばれています。
ペニスの勃起に不可欠な血管拡張・血流促進作用や疲労物質の除去、精神疲労・成長ホルモンの増強にも効果があります。
これはまさに男性の勃起不全の解消のためにあるような栄養素です。
そして、シトルリンは、アルギニンと同時に摂取することで効能が高まります。
また、アミノ酸は偏った摂取では、潜在能力を引き出すことができません。
その他の必須アミノ酸や、ビタミン・ミネラルといった一般的な栄養素の同時に配合されているものがベストです。
シトルリンとアルギニンの含有量を選択基準にするのがペニス増大サプリ選びの基本だと覚えておきましょう。

②強精剤成分で選ぶ

最新の研究結果から、シトルリンとアルギニンを摂取することがベターな方法ですが、それだけでは完全ではありません。
世界中には古くから民間伝承されている精力剤として利用されてきた天然成分があり、サプリの効能を増強するのに役立てられます。
天然の強精剤は不足した栄養素を補ったり、老化によって衰えた健康を取り戻しながら男性機能を向上させることができます。
効き目は穏やかですが、長く飲み続けることで徐々に効果が現れるのです。
最新のペニス増大サプリには、以下のような動植物の天然成分が配合されています。

・プロポリス
・牡蠣肉エキス
・マムシ

これら動物系の成分は、多くの国で古くから強壮剤成分として有名です。

・マカ
・高麗人参
・ニンニク

これらの植物系は加齢によって衰えた健康と男性機能に効果があるとされ、性別を問わず多くの国で伝承されています。

また、近年になって注目された最新の天然成分もあります。

・バイオペリン(黒コショー抽出物)
・レスベラトロール
・ポリフェノール類

比較的最近になって効果が明らかになった健康成分ですが、強精剤としての一面も持ち合わせています。

これらの天然成分の配合の有無も、ペニス増大サプリ選びの目安です。

③人気・コスパ・特典で選ぶ

ペニス増大サプリを選ぶとき、医学の知識のない方が深いところまで薬効の真偽を判断するのは難しいところもあります。
なので、単純に「人気の高いもの」を選ぶのも一つの方法です。
通販サイトAmazonなどを参考にし、人気があるかどうかを確認するのもよいでしょう。
実際に商品を試してみて効果があれば、リピーターが増えて全体的な購入者が増えるので、人気ランキングはある程度の目安にできます。
また、ペニス増大サプリは一定の期間継続することで効能が現れるものですので、高くて続けられないものを選んでは意味がありません。
1日あたりの規定量と値段から考えてコスパの良いものを選び、長期間続けられるものを選びましょう。
最新のペニス増大サプリには、各社さまざまな特典が付与されています。

・割引
・1箱プレゼント
・返金保証

など、製造企業が自社のサプリに自信があるほど、特典も多い傾向にあります。
販売実績の多いペニス増大サプリでは、50%を超える割引特典を実施している場合も少なくないので、調べてみましょう。
ただしAmazonなどの通販サイトは、人気の目安を”参考”にするだけにしたほうが得策です。
なぜなら、これらの特典は公式ページのみに限定されています。
購入する場所を間違えると、大きく損をしてしまうので注意が必要です。

ペニス増大サプリおすすめランキング

数多くあるペニス増大サプリの中から、人気の高いおすすめサプリを5つ厳選しました。
前述したサプリ選びのチェック方法もある程度クリアしています。

1位 ヴォルスタービヨンドブラスト

ヴォルスタービヨンドブラスト

『ヴォルスタービヨンドブラスト』は、Amazonでもトップクラスの人気があるペニス増大サプリです。
メンズサプリの通販サイトなどでも人気を独占しているそうで、注目の商品だといえます。
主成分のL-シトルリンは31290mg、L-アルギニンは12630mgと、業界でも最多クラスの配合量。
L-シトルリンは純度が100%のものが使われているので、効果はさらに期待できそうです。

これら主成分に加え、高麗人参やカンカニクジュヨウ・オウギバ・レイシホウシといった和漢生薬も豊富に含まれています。
さらにコブラ粉末・サソリ粉末・プロポリスなどの動物性成分、マカ・田七人参・スピルリナ原末などの植物性成分。
シトルリンの働きをベストなものにしてくれる必須アミノ酸群に、ビタミン・ミネラルなど合計「236種類」もの成分配合は驚くばかりです。

購入特典も多く付与されます。

・1箱 12800円(定価32180円)
・2箱 23920円(定価51080円)
・3箱 34220円(定価88880円)

大盤振る舞いの割引キャンペーンがあり、さらに各購入コースに対して1箱づつのプレゼントがあるので、コスパは最強です。
そして、3箱購入で「永久保証」があるので、試してみたい男性ならかなり利用しやすい価格設定になっています。
基本的に全額返金保証のあるサプリは信用できると思われます。
ヴォルスタービヨンドブラストは、永久保証で実際に返金されたのは0.2%ほどらしいので、かなり優秀な商品だといえます。

2位ヴィトックスα

ヴィトックスα

『ヴィトックスα』も通販サイトでは有名なペニス増大サプリです。
2016年のモンドセレクションを受賞し、男性向けアプリの通販サイトで61ヶ月間も販売1位に輝き「80万個の販売実績」があるので、効果に期待がもてそうですね。
1位のヴォルスタービヨンドプラスよりも以前から販売されていて、一般的な知名度ではこちらの方が高いかもしれません。
Lシトルリンは「同社比2倍」となっていますが、含有量の詳細は公表されていません。
Lアルギニンも同様で、主原料となっているものの含有量は不明です。
ヴィトックスαは、天然成分も豊富でトンカットアリ・マカ・高麗人参などの植物系46種類と動物系が35種類、ビタミン・ミネラル系も一通り配合されています。
ヴィトックスαは、ペニス増大サプリの代表的な製品ですが、公式ページで配合量が不明なものも多く、このあたりが1位のヴォルスタービヨンドプラスとの差の要因であると考えれます。
最近では利用者もサプリの成分にかなり詳しくなっているので、含有量の明確なもののほうが購入しやすいはずです。
それでも80万個という販売実績の多さは期待要素です。
割引キャンペーンも大幅値引きがされています。

・1箱12,800円(定価19,800円)+1箱プレセント
・2箱39,600円(定価59,400円)+1箱プレセント+ドリンクタイプ
・3箱51,200円(定価99,000円)+1箱プレセント+ドリンクタイプ

ヴィトックスαには、ドリンクタイプや塗布タイプの製品もあるのが特徴です。

3位 ペニブーストプレミアム

ペニブーストプレミアム

『ペニブースト』は、Amazonではランキング3位になりますが、シリーズ全体では140万本を売り上げるヒット商品です。
ペニブーストには旧バージョンもあり、ここでは最新の「プレミアム」の詳細を解説します。
主成分のLシトルリンは100倍濃縮のものが使われ、1000mg、Lアルギニンは300mgとまあまあの数字。
それでも1位のヴォルスタービヨンドプラスの1/10程度。
この差が実際の効果にどれほど影響してくるかが気になるところ。

マカ・高麗人参・バイオペリンといった植物系成分が52種類、動物系の強壮成分が16種類とシトルリン以外の成分もまずまず配合されています。
勃起力に即効性のある亜鉛酵母は22.5mgと、かなり高い配合量だといえるでしょう。
プロポリスもオーガニックのものを使うなど、成分の品質にこだわりを感じます。

・1本11,550円(定価15,680円)
・2本22,470円(定価47,040円)+1本プレゼント+ブーストリキッド
・3本32,980円(定価62,720円)+1本プレゼント+ブーストリキッド

2本以上の購入で「ブーストリキッド」というローションタイプがプレゼントされます。
価格的に上位2つのサプリよりも安く、成分表示も明確、さらに45日間の返金保証期間が設けれているので、初めての人でも試しやすいはずです。
シトルリンの効能を試してみたい人におすすめ。

4位 ブラビオンS

ブラビオンS

『ブラビオンS』は、Amazonの人気ランキングでは中堅クラスですが、Lシトルリンの配合量が3000mg、Lアルギニンが300mgと、まずまずの数値。
ペニス増大サプリでは唯一野生コブラの粉末を配合したり、南米原産の強壮成分イポルルやチュチュワシを添加するなど、個性はそこそこあります。
最近モンドセレクションを受賞したり、ゼネラルリサーチ・CSNなどの調査会社のアンケートで1位を受賞をしているものの、正直多くのサプリが受賞しているので、これだけで判断はできません。
公式ページの成分含有量の表示が少ないのが気になります。
医療の知識のない一般人が成分の含有量を見ても理解はできませんが、それでも正確な数字は表示はしてほしいですね。
ただし永久保証をうたっているので、ある程度の信頼感はあります。

・1箱 12800円(定価19,900円)
・3箱 35800円(定価91,800円)+1箱 リキッドタイプ付与
・5箱 48690円(定価131,600円)+1箱 +リキッドタイプ付与

価格、割引の面では平均的で、可もなく不可もなくといったところです。

5位 ギムロットα

ギムロットα

『ギムロットα』は、販売実績が25万個と、通販サイトのランキングでもそこそこの人気があるペニス増大サプリです。
主成分のLシトルリンの含有量は、1粒あたり780mgですが、100倍濃縮のものを採用しています。
アルギニンを含んでいるものの、配合量表示はなし。
シトルリンはアルギニンと併せて服用することで、効果を倍増させることは一般の方でも知っているので、この部分の表示が抜け落ちているのは残念です。
主成分以外では、クラボワスカ・トンカットアリ・ウアナルポマチョなどの南米・東南アジア原産の強壮作用のある植物が使われています。
その他、動物系にはすっぽんやマムシ・サソリなどを配合。
植物系ではガラナや高麗人参・マカなど、最近の男性サプリに使われているようなものが配合されていますが、種類は若干少なめ、といったところです。

・1箱 11980円(定価16,000円)
・2箱 23000円(定価48,000円)
・3箱 33980円 (定価30,020円)
・5箱 52980円(定価96,000円)

上位3つのサプリと比べると、かなり低価格な印象。
2箱以上の購入で1箱サービスのプレゼントがあります。
45日間の返金保証がついているのは安心です。

増大サプリ以外の増大方法

ペニスの増大には、サプリ以外にもいくつか方法があります。
また、ペニス増大サプリと併用することで効果を高められことにもなるので、ぜひ参考にしてください。

食生活

ペニスの大きさには個人差がありますが、多くの男性が健康状態の悪化によって、本来の自分のサイズよりも小さくなっています。
そして、健康状態を大きく左右するのは「食生活」です。
ペニスは、「海綿体」というスポンジ状の細胞組織によってできており、そこに血液が流れ込むことで勃起します。
なので、食生活が悪く血管の健康状態が悪いと勃起力が低下し、サイズダウンしてしまうのです。
その代表的な事例が「糖尿病」です。
糖尿病になると、同時にED(勃起不全)になりやすいことは周知の事実。
糖尿病は暴飲暴食や運動不足によって、カロリーオーバーの生活を続けることで血管が汚れ、血流が悪くなることで起こります。
脂肪分、カロリーの多すぎる食事を正すことで、血管の汚れと損傷を改善すれば、ペニスに流入する血流を高めて勃起力を高めることができるのです。
食生活の改善はメリットこそあるもののデメリットはないので、ぜひチャレンジしましょう。

増大手術

男性専門の美容整形には「ペニス増大手術」というものがあります。
施術によって物理的にペニスを増大させるので、確実性は高いと考えられます。

・コラーゲン・ヒアルロン酸亀頭増大
・長茎術
・包茎手術

コラーゲンをペニスに注射したり、切開をしてシリコンを挿入する方法が有名です。
また、余ったペニスの皮を切除する包茎手術にも、勃起時のペニスサイズの硬さとサイズを高める効果もあります。

ただし、増大手術にもデメリットはたくさんあります。

・費用が高い
・思ったような結果にならない
・健康状態によっては施術できないこともある
・外因的後遺症が残る場合がある

ペニス増大手術は注射タイプと切開タイプとあり、費用はコラーゲン注射など安いものでも10万円くらいはします。
切開タイプとなると500,000円を超えるものもあり、かなりの高額。
また、コラーゲン注入は継続する必要もあります。
メスを入れるタイプの施術は大掛かりなわりに思ったような結果が出なかったり、違和感を覚える形状になることもあり、大きな手術痕を残すケースもあるようです。
糖尿病や心臓病など、体調によっては施術できないこともあります。

増大器具

ペニスを器具を使って大きくしようとする「ペニス増大器具」も知名度の高い方法です。
増大器具には大きく分けて2つのタイプがあり、1つはポンプ状のもの、もう1つはギブス状をしています。
ポンプタイプは大型の注射器のような形状をしていて、ペニスを挿入して空気を抜くことで膨らませます。
ギブスタイプは、ペニスに装着して牽引し、固定する方法です。
ネットなどで目にすることが多い器具ではありますが、医学的なエビデンスは明確ではありません。
臨床試験ではそれなりに効果も出ているようですが、元々のペニスの状態にも大きく左右されるようです。
また、使い方を間違えるとペニスとその周辺の細胞組織が損傷してしまう危険性もあります。
価格は安いので、試してみるのもアリですが、過度な期待は禁物。

チントレ

最近ネットで話題になっているペニス増大の方法に「チントレ」とよばれるものがあります。
「チントレ」とはペニスをマッサージしたり、ストレッチをすることでサイズと勃起力を強化するものです。
実際の効果は個人差があるようですが、費用も時間もかからないので、増大サプリに合わせて取り入れてみるのもいいかもしれません。
チントレには次のような方法があります。

ジェルキング

ジェルキングはまずペニスに適当なローションを塗り、半勃起させます。
そして親指と中指(人差し指・薬指でも可)輪を作り、根本から鬼頭に向かって押し上げて数秒握って圧をかける動作を繰り返します
これを繰り返すことで血流がアップして勃起力が高まったり、お腹にめり込んでいるペニスの根本が引き出されてサイズアップしたりといった効果が期待できます。

ミルキング

ミルキングは「乳搾り」の要領でペニスを絞り出すように刺激を与える方法です。
こちらも半分勃起させた状態です。
人差し指と親指で輪を作ってペニスの根本をにぎり、中指・薬指・小指と順ににぎりこんでから少し力を入れて圧をかけます。

注意点としてはあまり強い力でしないことです。
ペニスの海綿体や皮膚を損傷してしまうこともあるので、痛くない程度で行いましょう。

まとめ

最後に、ここで紹介をしたペニス増大サプリは、みな自社が運営する公式ページを持ちます。
最近ではネットで購入というと「amazonn・楽天・ヤフー」といった大手通販を利用しようとしますが、割引や返金保証などのサポートが受けられません。
通販サイトの単品の値段の安さにまどわされず、公式ページから購入することをおすすめします。