大人気育毛剤、サクセスは本当に効くのか。その1

「サクセス!!」のCMでおなじみの花王サクセス。
誰もが一度は聞いたことのある名前だと思います。
ドラッグストアへ行っても、店頭のメインにずらりと並ぶのはこの商品。
育毛剤を使い始めるか悩んでる方は、まずサクセスから入るのがお勧めです!

大人気育毛剤、サクセスは本当に効くのか。その2

サクセスは頭皮の血流を改善、毛髪を丈夫にする!

髪の毛のことが気になりだしたら、誰もがまずこの商品に手をのばす程の知名度を持つサクセス。
ある意味、育毛剤入門編とも言えますね。
このサクセス、店頭でも手軽に購入できるような価格帯で、かつシリーズも沢山ある、とても人気がある商品です。
この商品の、髪の毛を改善するメカニズムは、いったいどんなものなのでしょうか?

3つの有効成分が、毛球を大きく育て、抜け毛を防ぐ。

サクセスは、主に3つの有効成分を使用。
この有効成分が、相乗効果で髪質の改善をはかります。

  • t-フラバノン

毛球部に直接作用し、毛母細胞の増殖を促す成分。
髪の毛を太く、長く育てて、抜けにくいコシの強い髪にします

実はこれ、花王が独自に開発した育毛有効成分。
これの素になった成分は「アスチルビン」と呼ばれるもので、毛母細胞の増殖を促進させる働きがありました。
花王は、このアスチルビンを手がかりに、より安定した高機能な化合物を地道に探し続け、そして行き着いたのがt-フラバノン。

t-フラバノンの治験によると、被験者197名に30週間の使用を行ったところ、成長期の髪が増加し、髪が太くなる傾向がみられたとの報告がありました。

また、洗髪時の抜け毛の数が減少したそうです。
これにより、t-フラバノンは毛根に到達すると、ヘアサイクルが退行期・休止期に誘導されることを抑制して、成長期を長く維持するのを手助けする働きがあると、今では考えられています。
サクセスの要でもある有効成分です。

  • ニコチン酸アミド
    血行を促進。栄養を毛根に送り、抜け毛を防ぐ効果があります。
    その他にも、頭皮を正常に保つ作用もあり、毛の生えやすい柔軟な頭髪環境を作り出す成分です。

ニコチン酸は別名「ナイアシン」。
水溶性のビタミンで、タバコの「ニコチン」とは全くの別物です。
元々がビタミンなので、副作用はほとんどありません。
もちろん過剰に使用をすれば、皮膚のかゆみやあかみ、湿疹といった症状が表れますが、普通に用量を守れば、そういったことは起こる事はないでしょう。
逆に不足すると、皮膚炎や神経障害がおこるので、人体には必要な栄養素とも言えます。

  • ピロクトンオラミン
    殺菌作用でフケ・かゆみを予防、頭皮の皮脂分泌も制御。
    また毛根細胞の自然死を防ぎ、髪の毛の寿命を延ばし、抜け毛を予防

脂漏性皮膚炎の大きな原因と考えられるものに、マラセチア真菌があります。

マラセチア真菌は、頭皮の常在菌の一つ。
頭皮の皮脂の量とマラセチア真菌の数は、比例関係にあり、皮脂が増えれば増えるほど、マラセチア真菌の数は増え、頭皮はべたついた不潔な状態になります。
そしてマラセチア真菌が異常に増殖をすると、ふけが多く出はじめるのです。

ピクトロンオラミンは、その殺菌効果で、マラセチア真菌の増殖を抑制。
頭皮を常に清潔に保ってくれるので、ふけに悩まされることもありません。

この3つの成分が主軸となって、頭皮の環境改善、毛母細胞の活発化をはかってくれるので、サクセスは毛が太く育つのです。

副作用はありません。しかし厳密に言うと「育毛剤」ではないんです。

実はこのサクセスシリーズ、厳密に言うと、育毛剤ではなく「育毛トニック」に分類される商品がほとんど。
サクセスの中でも、「バイタルチャージ」や「毛髪活性」は育毛剤に分類されますが、店頭で手軽に購入できる価格帯のものは「育毛トニック」になります。

育毛トニックは、育毛剤と違い頭皮の血行を促進することに目的があり、現存する髪の毛を、強く太くコシがあるものにするためのものです。

その為、育毛剤のように「毛が生えた!」という改善は望めません。
毛が生えることに期待を持つ人や、あるいは毛根がダメになってしまった人の頭皮に使用をしても当然効果はなし

しかし育毛剤を手をのばす前に、ちょっと考えてみてください。
もし、貴方が髪の毛で気になる点が、ボリュームだけなら?
もし、貴方が髪の毛で気になる点が、コシやハリだけなら?
わざわざ高いお金を出して、育毛剤を購入する必要はありません。

ミノキシジルやプロペシアなどの副作用の強い薬に手を出す前に、サクセスで様子を見てはどうでしょうか?