アロエが入った育毛剤は本当に効くのか徹底解説

最近注目のアロエ育毛剤。
天然成分を使用した体に優しい育毛剤ではありますが、その効果の程は如何なものなのでしょう?
アロエ育毛剤について徹底解説していきます。

本当に効くの?アロエ育毛剤

古くから生薬として使われていたアロエ。
その歴史を紐解けば、紀元前20世紀~30世紀には既に薬として用いられていました。
日本では、江戸時代には既に民間薬として使われ、今では水虫治療から育毛剤まで、多岐に渡って利用されています。

アロエ育毛剤の効果事態は、人によって反応は様々

しかし、小林製薬の「薬用 アロエ育毛液」は、愛用者が既に40万人を越すヒット商品となっているので、効果を実感している人は確実に存在しているようです。

アロエから頭皮へ3つの効果!「アロイン」って何者?

そもそもアロエが育毛剤として注目されたのは、次の3つの効果が髪に良いと考えられたからです。

  1. 保湿力
  2. コート力
  3. 苦味成分「アロイン」

保湿力

アロエと言えば、高い保湿力

アロエを含む商品の多くは、たいていこの保湿力を求めて、アロエを成分に使用しています。頭皮が乾燥して皮膚が硬くなると、頭皮の血行は悪くなり、毛根は栄養不足に。
栄養不足の髪の毛は、やがて細くなりそして抜け落ちていきます。
頭皮を潤し、頭質を良くする事は、元気な髪を育む上で必要不可欠なことです。故に、頭皮にもアロエの保湿が必要。

潤った肌で、質の良い髪の毛を育てましょう。

コート力

コート力とはなんぞや?と思うところですが、アロエ育毛剤を長期にわたり使うと、髪にハリ・コシがついてきます。
このハリ・コシの源が、アロエのコート力にあるのです。
アロエを頭皮に使用すると、アロエの樹脂成分が髪の表面に薄い膜を作ります。
この薄い膜がキューティクルを保護。髪の乾燥を防ぎ、フケ・かゆみを抑制し、弾力のあるふんわりとした髪にしてくれるのです。

アロイン

アロインは、アロエの苦味成分。
本来、このアロインには整腸作用があるのですが、
これを髪に使用すると、抜け毛の原因になる5αリダクターゼを分解し、毛根の皮脂分泌を抑制してくれるのです。
5αリダクターゼ事態はただの酵素なので、これ単体では問題はありません。

むしろ、この酵素とテストステロン(男性ホルモン)がむすびつくことは骨や筋肉、精子の生成、性欲上昇に必要なので、男性が男性らしくあるためには欠かせない酵素なのです。
しかしこれが、頭皮で男性ホルモンと結びつくと、頭髪の細胞分裂を抑え、前頭部から頭頂部にかけての脱毛を引き起こします。

この5αリダクターゼを分解するアロインは、このアロエ育毛剤特有の成分です。

アロエ育毛剤。その副作用は?

アロエ育毛剤は、天然成分を元にした育毛剤なので、副作用と呼べるような副作用は無いとされています。
しかし人によっては、アロエアレルギーを持っている人もいるので、購入前には自分がアロエにアレルギーが無いかを知っておくと良いでしょう。

また、アロエの成分でかぶれを起こす人もいるので、使用前にはパッチテストを行うとより安全です。

アロエ自体は、食べると中には副作用を起こすものもあります。
副作用として下痢があげられますが、妊娠中の女性が食べると、子宮収縮による流産を引き起こすものもあるので、もし、女性でアロエの育毛剤の使用を検討している人がいれば、念の為に医師に相談をした方が良いでしょう。

アロエ育毛剤。こんな薄毛の人にはお勧め!

アロエ育毛剤の特徴は、その強い保湿力とコート力、そしてアロインの酵素を分解する力。
これらのことから、薄毛の中でも頭皮の乾燥や、フケ、かゆみに悩まされている人に効果を発揮することが予想できます。
もし、このアロエ育毛剤の使用を検討しているなら、自分がどのタイプの薄毛に悩まされているか、もう一度考えてみると良いでしょう。

・乾燥、
・フケ・かゆみ
・前頭部から頭頂部にかけての脱毛

これらの特徴が当てはまれば、効果を実感できるかもしれません。