常識やん?育毛剤のカロヤンは本当に効く?

ドラッグストアなどで購入できるカロヤン。
簡単に購入できる反面、効果の程が気になるところです。
実際のところはどうなのでしょうか?

ほんまに効くんやろか?カロヤンのメリットから副作用まで徹底調査!

カロヤンとは、第一三共ヘルスケアが出しているヘアケア商品のブランド。
カロヤンシリーズは、顧客のニーズに併せて細かく製品が開発されており、その種類は発毛促進剤から、薬用シャンプー・コンディショナー、育毛剤とバリエーション豊かに取り揃えられています。
そのため、脱毛のタイプによって使い分けが可能
従来の育毛剤に比べ、スカルプケアに重点を置きながら、発毛促進を狙えるのがこの商品の特徴です。

有効成分カルプロニウム塩化物が頭皮の血管を拡張!

カロヤンシリーズの有効成分は、カルプロニウム塩化物
カルプロニウム塩化物自体は、「フロジン外用薬5%」の名の下、医療の現場で今現在も円形脱毛症の薬として使用されています。

カルプロニウム塩化物の効果は、血管を拡張し頭皮の血流を増加。頭皮の内側から、発毛を促進させていくのです。
この効果に注目した第一三共は、カルプロニウム塩化物を主成分に、毛根を活性する成分(チクセツニンジンチンキ)や、毛髪の栄養成分(パントテニールエチルエーテル)、頭皮の殺菌成分(ヒノキチオール)なども配合して、頭皮環境を整えながら、発毛促進もできるようにしました。

カロヤンシリーズの発毛促進剤にはカルプロニウム塩化物が最大で2%も使用されています。
これは一般用市販薬で使用が認められるカルプロニウム塩化物の最大量

つまり実際に医療の現場で使われている医薬品を、市販薬として可能な限り投じながら、その効果を最大限に引き出している発毛剤がカロヤンなのです。

でもやっぱり医薬品。カロヤンが持つ副作用とは?

先に示したとおり、カロヤンにはカルプロニウム塩化物が使用されております。
カルプロニウム塩化物は、本来は医療の現場で用いられている薬。
そのため、天然由来の育毛剤と比べれば、副作用は当然存在しています。
カルプロニウム塩化物を使用した場合の考えられる副作用は次の3つ。

  1. 発汗・悪寒
  2. 刺激感・熱感
  3. かゆみ、腫れ、かぶれ等の過敏症

また、気管支喘息や、消化性潰瘍、甲状腺機能亢進症、てんかん、パーキンソン病、重い心疾患、妊婦の方などは、カルプロニウム塩化物を使用してはいけない人なので、もしこれに該当する人は使用をする前に、医師・薬剤師に相談をした方が良いでしょう。

口コミサイトなどを見ると、実際に使用した人たちには「皮膚が赤くなった」「ひろひりする」といった感想を述べる方が多く見受けられます。

また、どの育毛剤でも言えますが、「私には効果が全くなかった」と言っている人も存在しているので、効果が必ずあるというわけではないようです。

しかし、それよりも多くの人が「効果を実感できた」「脱毛の直径が小さくなった」という感想を述べているので、効果を実感している人も当然います。

脂性肌or乾燥肌 あなたに合うカロヤンは?

カロヤンシリーズは、発毛促進剤だけでも全部で8種類
まず商品の特徴から、次の症状に該当している人は、カロヤンの発毛促進剤を使用した場合効果が期待できます。

  • 頭皮の血管障害によって脱毛が生じている人
  • 壮年性脱毛症、円形脱毛症、びまん性脱毛症、ひこう性脱毛症
  • 発毛促進、育毛、脱毛予防、薄毛
  • ふけ、かゆみ
  • 病後・産後の脱毛

そこから更に、肌のタイプによって使い分けることができるようになっています。

脂性肌の人・・・カロヤンプログレO、カロヤンプログレEX O
乾燥肌の人・・・カロヤンプログレD、カロヤンプログレEX D
生え際などのピンポイントで治療したい人・・・カロヤンプログレGL
脂性でも乾燥肌でもない人・・・NFカロヤンガッシュ、NFカロヤンアポジカ、カロヤンS

これに加え、シャンプーも肌質に併せてシリーズが出ているので、日常のケアに使うとより効果が期待できるでしょう。

そもそもが脱毛症の薬品としての歴史があるカロヤンは、他の薬品系の育毛剤と比較すれば、比較的副作用の少ない商品と言われています。

もし育毛剤の使用を検討しているなら、その入門編としてカロヤンはお勧めです。